実話・チアダン実写化モデル福井商高チアリーダー部の五十嵐裕子先生とは?

広瀬すず主演で、2017年3月11日に公開した青春映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」は、福井商業高校が積み上げてきた軌跡(実話)を基に実写化したことで、話題になりました。

そして2018年7月、TBSにて土屋太鳳主演で、新キャストにてドラマ実写化が決定!

映画にドラマとW実写化のモデルになった福井商業高校チアリーダー部とスパルタ指導先生とは、どんな先生だったのかモデルの先生に注目しています。

JETS(ジェッツ)2017全米選手権も優勝で5連覇

福井商業高校チアリーダー部「JETS(ジェッツ)」ジェット噴射のごとくの意味。

全米選手権では2009年からはじまり、2011年、2013~2016年に優勝しています。

2013~2016年は、4連覇ということになりますね。

私が、JETSを知ったのは、この頃です。

2016年のチアダンスの全米選手権は、2月26日~28日に米フロリダ州オーランドで開催されました。

福井商業高校チアリーダー部「JETS」は、インターナショナル・チームパフォーマンス部門で、ジャズやヒップホップなど四つの要素を演技に取り入れ、技術や統一感などを審査されました。

28日の決勝では日本の2チームと米国3チームが競い合い、「JETS」が最高スコアをマークし4連覇を果たしました。

「JETS」の顧問の五十嵐裕子教諭は「支えてくれたすべての方に心から感謝したい」とコメントしています。

2017年3月6日、福井商業高校のホームページによれば、オーランドで開催されました『NDA National Championship』で、JETSは優勝し、5連覇を果したと公開されました。

スコア等は、

福井県立福井商業高等学校 JETS 95.04 ポイント/6 チーム中1 位
・Technical Excellence (テクニックに秀でたチームに与えられる) 受賞
・Innovative Choreography (最も斬新な振付のチームに与えられる) 受賞
・Best in Category (カテゴリーの最高得点チームに与えられる) 受賞

「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」主演の広瀬すずは、早速Twitterで、激励の言葉をつぶやいて話題になりました。

 

 

スパルタ五十嵐裕子先生とは?

モデルとなった福井商業高校のチアリーダー部でスパルタ指導をしていたのが、五十嵐裕子先生です。

実際、五十嵐先生が福井商業高校に赴任した2004年4月には、チアリーダー部はありませんでした。

当時、バトン部の顧問をしていた五十嵐先生は、2006年4月にチアリーダー新部員を募集します。

福井商業高校の野球部は、甲子園の常連校です。五十嵐先生は、50年の伝統あるバトン部をチアリーダー部にしたのです。

わがままと言われても仕方のない行為だったかもしれません。

実際は先生や保護者、そして生徒から反発の声も多かったそうです。

新しいことをやろうと行動を起こした時は、かならず反発が起こるのは予想していたでしょう。

はじめてのことをやるには、それなりの時間がかかります。ましてや非難の声が上がれば、尚更です。

では、五十嵐裕子先生がチアリーダーの経験がある有名な指導者なのかというと、そうでもないようで。

きっかけは、福井商業高校に赴任する前、福井県立坂井農業高等学校に体育教師として在職していた頃に遡ります。

2004年3月、朝のニュース番組「ズームイン朝」で神奈川県厚木高校の全米チアダンス選手権の優勝の模様を見て「これをやりたい」と思ったそうです。

少林寺拳法をやっていた五十嵐先生は、チアダンスの技術指導はできませんでした。そこで、外部からの講師をお願いしました。

きっかけを作ったという神奈川県厚木高校を指導したプロインストラクター前田千代さんがコーチを務め、五十嵐先生は生徒のメンタル面での内面指導をしたようです。

 

 

JETS(ジェッツ)2018全米選手権6連覇できず

5連覇中の福井高チアリーダー部「JETS」は、2018年米オーランドで開催されている全米選手権に出場できなくなりました。

理由は、参加していた部門への日本からの推薦枠が今年からなくなったため、出場を断念するしか手立てがなかったそうです。

例年は同大会を主催する「日本チアダンス協会」の推薦でポン、チアダンス部門1~3位が米オーランドでの全米選手権に出場してきていましたが、2018年から全米選手権の推薦チームを決める権限が同協会から別団体に移行し、さらにJETSが出場していたチームパフォーマンス部門は、米側の意向で日本からの推薦枠がなくなり、同一大会6連覇の道は閉ざされました。

先輩たちと同様に全米制覇を目標に掲げた選手たちの頑張りを無駄にしたくないと、JETSの五十嵐裕子顧問と同協会は、新たにチャレンジできる道を探したそうです。

その結果、「JETS」の実績が認められ出場が決まった全米大会は、米ネバダ州ラスベガスで2月23日に開かれた全米大会でした。

カリフォルニア州を中心に全米でチアダンス、チアリーディングの大会、講習会を開いている団体「JAMZ」の主催の同大会では、JETSはチアダンス部門に当たる「バラエティー部門」(18歳以下)に挑んだそうです。

そして、

福井市の福井商業高校チアリーダー部「JETS」は、「ジャムズ・オール・スター・ダンス・ナショナルズ」のバラエティー部門で優勝するという大金星を挙げました。

チアリーディングは日本ではマイナーなスポーツです。THEアメリカのイメージが強いですが、目標を持って掲げた旗は、まっすぐ突き抜けるんだなと胸を熱くしますね。

米オーランドで開催された全米選手権に出場できなくなった一時は、競技会でなくチアダンスの公演開催も検討したそうですが、選手たちは「勝負」にこだわったと伝えられています。

その想いを形にするために、模索した五十嵐裕子先生の「やらせてあげたい!」という気持ちは、2004年チアリーダー部がないときから一念発起した頃と、何一つ変わっていなかったのでしょう。

そんな生徒や五十嵐先生や関係者の実績も知ってから映画やドラマの実写化を見ると、もっと作品を楽しめるかもしれませんね。

五十嵐先裕子生は、「チームは人間作りからである。」「挨拶を徹底する。」など当たり前だけど、忘れがちな基本的なことから「奇跡の力」まで多様な内容で講演もしているようです。

 

 

徒たちの努力が生み出した実写化

2017映画実写化

(2016年撮影・2017年公開)

主演:広瀬すず

映画版の五十嵐裕子先生役は、「理想の上司」として女性から支持が高い天海祐希さんが演じました。

五十嵐先生の実績から考えるイメージ通りのハマリ役です。

女性顧問のスパルタ指導のもと、互いに支え合い、たった3年で全米大会を制覇したチアリーダー部の歩みを描く本作。

広瀬が演じる主人公・友永ひかりは「サッカー部の憧れの男子を応援したい」とうい軽い気持ちでチアリーダー部に入部してしまったという役どころです。

「映画 鈴木先生」「俺物語!!」「兄に愛されすぎて困ってます」の河合勇人が監督を務め、「永遠の0」の林民夫が脚本を担当しました。

撮影は2016年5月上旬から6月中旬まで。アメリカでの大規模なロケや、全米ナンバーワンチームとの対決も撮影されました。

2015年12月からダンス練習を始めた広瀬すずは「チアダンスは、ただ踊るだけでなく、笑顔やチームワーク、そして応援することをテーマにしている競技で、実際にチアダンスをやられている人たちは内面から違うなと感じています。私も内から出るものを表現できるようになりたいです」と意気込みを語り演じ切りました。

2018年ドラマ実写化

(2018年7月期 TBSにて放送)

主演:土屋太鳳

映画実写化の数年ごというオリジナルストーリー。

オダギリジョーがやる気ゼロのダメ教師役で、生徒とともに青春を駆け抜けていきます。

かつては金八先生に憧れ、夢中で生徒指導に邁進する教師であったオダギリジョーが、夢に突き進む少女らと一緒に、熱いチアダンスの世界へと足を踏み入れ、教えることへの情熱を取り戻し再生していく姿も描かれるそうです。

生徒たちが必死に努力を続けた実話「奇跡の力」が、10年の月日で伝統を作り上げ、実写化されました。

「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」に続く、日本を代表する青春作品のひとつにのし上げてほしいと思います。

学園ドラマに強いTBSが視聴率、視聴熱ともに高い数字を出してくれることを期待したいところです。

 

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。