映画ハリーポッターシリーズの順番と現在も人気の登場人物その後は?

問題です。

この子は、誰でしょう?

出典:https://parade.com/

答えは、ハリー・ポッターです。

そして、ハリーだけど、ダニエル・ラドクリフなんですよね。

映画ハリーポッターシリーズは、毎年、地上波にて放送をしています。

古いのに、なんで?

も考察しつつ、もう一度、ハリポタシリーズを見る順番から、はじめていきましょう。

映画「ハリー・ポッター」シリーズ順番

第1作目 ハリー・ポッターと賢者の石 (2001年)
第2作目 ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)
第3作目 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)
第4作目 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)
第5作目 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)
第6作目 ハリー・ポッターと謎のプリンス (2009年)
第7作目 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年)
第8作目 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年)

ハリーポッターシリーズは、イギリスの女性作家J・K・ローリングによる子供向けの児童書籍が映画化された作品です。

当時「ハリーポッターと賢者の石」を執筆していた彼女は、シングルマザーで生活保護を受けていたと言われています。

原稿を出版社に持ち込み、断られて続けていたローリングは、ブルームズ・ベリー出版社との契約にこぎつけるまで、1年以上の歳月を費やしたそうです。

その経緯から、世界で翻訳出版される際には、大きい出版社との契約はほとんど締結せず、小さな出版社から出版してます。

日本でも静山社(せいざんしゃ)という小さな出版社から翻訳出版されました。

 

 

映画「ハリーポッター」で人気だった登場人物のその後は?

出典:http://www.telegraph.co.uk/

ハリーポッターシリーズでは、勇敢な3人の子供たちを中心に、魔法学校を通して、新しい世界を魅せてくれます。

左:ハーマイオニー・グレンジャー
中央:ハリー・ポッター
右:ロン・ウィーズリー

 

ハリー・ポッター

出典:http://gazettereview.com/

ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフは、役のイメージが定着しすぎているために、その後は大きな役に抜擢されていません。

ハリポタシリーズの出演料だけで、日本円にして100億以上を稼ぎ出していますので、ダニエルが40~50代と歳を重ねた後に、大作に出演できる俳優さんとして、現役でいてくれることを願いたいですね。

 

ロン・ウィーズリー

出典:https://www.usatoday.com/

ロン・ウィーズリー役のルパート・グリントも、残念ながらイメージの定着が強いため、その後に飛躍が難しい状態です。

でもね、映画化になる前から書籍を読み続けていた管理人は、映画館で赤毛のロンが本から飛び出してきたように思えました。

やっぱりロンは、ルパートで良かったと思っています。

 

ハーマイオニー・グレンジャー

出典:http://www.huffingtonpost.com/

ハーマイオニー。グレンジャー役のエマ・ワトソンが、イメージの脱却ができたのは、ディズニーの長編アニメーション映画作品『美女と野獣』の実写リメイクでヒロイン・ベル役に抜擢されたことが、キッカケになりました。

2011年、最後にハーマイオニーを演じてから6年が経過しましたが、これは「短い」と取るべきかもしれません。

今後は、ハリウッドスターとして、出演する映画ごとに話題になっていく女優さんでしょう。

 

セドリック・ディゴリー

出典:http://movie-bitari.com/cedric-diggory-c9/

第4作「炎のゴブレット」と第5作「不死鳥の騎士団」でセドリック役を演じたロバート・パティンソンは、2008年にブレイクします。

ブレイク理由は、アメリカで大ヒットした恋愛小説「トワイライト」の実写化でヒロインの恋人・エドワード・カレン役に抜擢されたからです。

出典:https://www.bostonglobe.com/

日本やイギリスでは、「ハリーポッター」の人気が高いですが、アメリカでは「トワイライト」の人気の方が高く、社会現象となりました。

トワイライトのエドワード役は、ハリーポッターに出演していたという、逆の報道になった程です。

トワイライトも、全5作品で公開されましたので、女性の方はチェックしてみて下さい。

出典:http://www.fanpop.com/clubs/forever-love-twilight/

第1作目 トワイライト〜初恋〜 (2008年)
第2作目 ニュームーン/トワイライト・サーガ(2009年)
第3作目 エクリプス/トワイライト・サーガ (2010年)
第4作目 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 (2011年)
第5作目 トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 (2012年)

 

 

アルバス・ダンブルドア

出典:http://harrypotter.wikia.com/wiki/File:Richard_Harris_(Professor_Dumbledore)_CoS_screenshot.JPG

出典:http://newsok.com/gallery/6033628/pictures/3909478

名優といわれていたリチャード・ハリスは、原作ダンブルドアが放つ、厳しくも優しい、そして、少しの茶目っ気がある調和されたカリスマ性を上手く演じてくれました。

残念ながら、第2作「秘密の部屋」公開2週間前に、この世を去りました。

 

第3作目「アズカバンの囚人」よりアルバス・ダンブルドアを演じていたのは、マイケル・ガンボンです。

出典:https://wizardsandwhatnot.com/2017/03/11/sir-michael-gambon-dumbledore-lifetime-achievement-award/

出典:http://instablogs.com/celeb/ralph-fiennes-and-sir-michael-gambon-get-stamped.html

少し、顔立ちがキツくなったので、気付かれた方も多いかもしれませんね。

 

ミネルバ・マクゴナガル

出典:http://www.bostonherald.com/

グリフィンドール寮監を務め、変身術の教員であるマクゴナガル校長は、誰にでも平等な態度で厳しく優しく陰で支え続けた教師です。

演じたのは、マギー・スミス。

彼女は、2007年に「乳がんの宣告」をされていましたが、最後まで、ハリーポッターシリーズの撮影をやり遂げたことを、後に公表しました。

体調と向き合いながらも、現役で女優として生きている様は、正にマクゴナガル精神のように見えますね。

マギー・スミスの代表作は、

ウーピー・ゴールドバーグ主演「天使にラブ・ソングを…」全2作品で、修道院長を演じています。

出典:https://www.broadwayworld.com/

第1作目 天使にラブ・ソングを…(1992年)
第2作目 天使にラブ・ソングを2(1993年)

マクゴナガル先生の原点が垣間見れる作品かも。

古い映画ですが、dTVでは、洋画ランキング100にランクインしていることが多い作品です。

 

映画「ハリー・ポッター」シリーズ続編

ハリーポッターシリーズは、全7作で完結しましたが、ブロードウェイの舞台のために書き下ろした「ハリー・ポッターと呪いの子」で19年後を描いています。

「ハリー・ポッターと呪われた子供」は、「最終章」ではなく「新章」という位置づけで、本シリーズとは別物と見るべき書籍でした。

また、J・K・ローリングは、「ハリーについて描く魔法物語は、終了した。」とコメントしています。

現在は、ハリー・ポッターの1作目から約70年前、1926年のアメリカが舞台の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」シリーズが映画化されています。

公開予定

PART1(2016年公開)
PART2(2018年公開予定)
PART3(2020年公開予定)
PART4(未定)
PART5(未定)

ハリー・ポッターより「前」のお話での位置づけですので、お間違いなく!

 

まとめ

UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(ユニバーサルスタジオジャパン・USJ)でハリーポッターの世界が楽しめるようになってから、これから遊びに行く予定の方や、すでに遊びに行った方も、もう一度、映画作品を観てみようと思う機会が多いのかもしれません。

まだまだ、ハリー・ポッター人気は、衰えることはないのかもしれませんね。

そして、ハリポタの出演者を辿ると、まだ見たことのない面白い映画作品に巡り合えることもあります。

動画配信サービスでも配信していますので、探してみて下さいね。

 

映画を見るならU-NEXT が、充実した品揃えです。

ハリーポッターシリーズも全作品配信していますが、見放題作品対象外のシリーズになりますので、付与ポイントを上手く活用しましょう。

地上波放送されなかった作品だけを選んで、続きを視聴するいう使い方もできます。

 

dTVでも、ハリポタシリーズは、見放題作品対象外ですが、「トワイライト(一部作品)」や、「天使にラブソングを」が、見放題の場合がありますので、ご参考までに。

ドコモユーザーは、dポイントが貯まりやすいので、貯まっている dポイント を利用して、手軽に視聴することができる方が多いかもしれませんね。




また、auユーザーも、貯まっている au WALLETポイント を利用して、auビデオパスで手軽に視聴することが可能です。


見たい!と思った時に、すぐ見れる!

この感覚って、わりと『幸福感』を運んできてくれたりする…と、私は思っています。

家族で使う U-NEXTでコスパ

日本最大級の映像配信サービス「U-NEXT」
家族みんなで利用するなら、最高のコスパかもしれない?

そんなU-NEXTのサービスについて、綴っています。