U-NEXTとdTV比較|動画配信本数の違いと月額料金の差で選べない理由とは?

たくさんの動画配信サービスの中でも、業界トップの配信数を誇っているのが、U-NEXTとdTVの配信本数の推定120,000本以上という数字です。

動画配信本数の数で検討する方も多いのではないかと思いますが、ほぼ同等数のU-NEXTとdTVの配信コンテンツ(作品)はどう違うのでしょうか?

そして、どんなタイプのユーザーに向いている動画配信サービスなのでしょうか。

U-NEXTとdTVの「配信数120,000本」について比較していきたいと思いますッッ!

U-NEXTとdTVの見放題プランの注意点

一見、配信数は同等数を誇っているU-NEXTとdTVですが、どちらも見放題作品(定額料金)と課金作品(課金料金)とに分かれています。

また、国内外の各放送局や共同制作している作品や、提携配信しているコンテンツも含まれています。

ですので、いくらでも課金をすれば、探している作品の視聴が可能である動画配信サービスです。

「最新作」は基本、課金視聴がほとんどです。

レンタルショップに行く時間を短縮!貸出中がない!というメリットが魅力的と考えると良いでしょう。

「見放題作品」+「課金作品」=推定配信数120,000本

「120,000」の数字の真実です。

では、U-NEXTとdTVの見放題作品の傾向の違いは何でしょうか。

 

 

U-NEXTとdTVの配信作品を比較

  • U-NEXTは、家族ユーザー向け
  • dTVは、おひとり様ユーザー向け

 

「U-NEXT」配信作品の特徴

U-NEXTは、小さな幼児が見れるキッズ作品から小学生が見る人気アニメ、大人が楽しめる実写化アニメ作品までを幅広く揃えています。

また映画(邦画・洋画)の作品数も豊富なので、自分の時間が少なく映画館へ行く時間がない親世代にも対応しています。

全体的に、レンタルでいえば「旧作」程度の作品が「見放題作品」となっている傾向があります。

見放題なら見たい!と思うような懐かしい作品も上手く配信しているので、定期的にチェックしてみると満足感が高くなります。

課金の最新作については、

  • ジャンルを問わず
  • 種類も豊富
  • 配信が早い
  • 期間限定セット割引

などで最大限の魅力を発揮します。

話数が多いドラマ部門では、特に「韓国ドラマ」は見放題プランを上手く活用できるオススメジャンルです。

現在、若年層世代を中心に第3次韓流ブームが到来するか?とも言われていますので、引き続き「韓国ドラマ」は強化していくと期待できそうです。

チャイルドロック機能で子供に閲覧させることなく、アダルト作品も見放題で視聴できるのはU-NEXTだけになるので、家族で安全なご利用を検討できるのは、女性目線でもチェックしておきたい機能です。

 

「dTV」の配信作品の特徴

dTVは、オリジナル制作ドラマやトレンドに合わせた配信を強化している傾向があります。

  • 最新映画に合わせた強化配信
  • 地上波連続ドラマ出演タレント出演作品

など他社でまだ課金作品でも、dTVでは流行に合っていれば「見放題作品」として配信することが多いように感じます。

その分「見放題作品」として長期的に配信している作品は少ないので、旬の時期にさっさと視聴しておきましょう。

トレンドに強い反面、定番の韓国ドラマや海外ドラマなどのコンテンツを深く掘り下げると、定番さえも入れ替えが早く感じるかもしれません。

地上波放送局との業務提携がないので、「見逃し配信」目的での利用には不向きですが、BeeTVの配信作品は、dTVのオリジナルコンテンツとして「見放題」で長期的配信しているので、加入したらチェックしたい代表コンテンツです。

おうちでゆっくりしたい休日などは、

健康志向で「フィットネス」の動画を見ながら体調を整えたり、カラオケ・音楽PV・LIVE配信などを流しながら「ながら作業」をしても息抜きになるでしょう。

最新作を課金レンタルすることが可能ですが、最新トレンドは定額内でを手に入れやすい傾向が強い特徴があるではないでしょうか。

 

 

月額料金の差で選べない理由

定額見放題プラン 同時再生
U-NEXT 1,990円(税込2,149円)
dTV 500円(税込540円) 不可

 

月額料金だけを見れば、U-NEXTはdTVの約4倍の料金を支払わなければなりません。

じゃあ、dTVの方がいいんじゃないの?

そう思うのも間違いではありませんが、料金だけで選べない理由があります。

それは、U-NEXTでは「同時再生」が可能であるということ。

そこから当サイトでは「ファミリーユーザー」向けではないかと分析しています。

U-NEXTでは、最大4デバイスまで同時再生が可能となっています。

尚且つ、毎月1,200ポイントが自動的に付与されますので特典ポイントで、最新作2本分を楽しむことが可能になります。

個々に見放題作品を楽しみ、ポイントを利用して家族でリビングで最新作を楽しむという満足感を得ることが定額料金で可能になります。

さらに、雑誌も読み放題になるので、金額だけで一概に決めてしまうのは、もったいないかもしれませんね。

家族の見たい作品の好みが違う場合は、一家族でまとめてU-NEXTに加入した方が満足感を得られるファミリーユーザーも多いでしょう。

 

逆に、家族と同居していたとしても、動画配信サービスを仲良く利用することが極めて少ないユーザーもいるはずです。

特に10代・20代のユーザーの場合は、dTVの方が金銭面の負担が少なく、手軽に入退会を繰り返せるかもしれませんね。

入退会を繰り返すことは、規約違反行為ではありません。

何度繰り返して再利用しても問題ありませんので、計画的に利用しましょう。

さすがに移動時間や待ち合わせ時間のスキマ時間だけで視聴する方には「U-NEXTの月額料金は高い」と感じるでしょうし、同時再生をしないというご家庭なら、家族でdTVから検討した方が良いかもしれません。

動画配信サービス(VOD)のご利用がはじめての初心者であれば、U-NEXTよりdTVから利用して比較する方法を推奨します。

 

 

まとめ

 配信本数120,000以上という数字は、課金しないと見れない作品も含めた数である。

月額料金だけでなく、家族構成や利用頻度などを考慮して検討するのがお得である。

U-NEXTに加入する際は、同時再生は優秀なサービスなので、意味を理解すること。

管理人・壺野の場合は、子供の夏休みシーズンである7月~8月にかけてはU-NEXTに必ず加入しています。

また、うちは雪が積もる地域なので冬季になると、韓国ドラマ好きの祖父母が楽しめるようにU-NEXTに加入しています。

私はといえば、一人でスマホ視聴で作品を楽しむ利用方法が、向いているようです。

今、自分に向いているサービスも変化していきますので、色々なサービスの特徴と掴んでおくことは便利だと思います。

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。