実写化される胸キュン恋愛映画や少女漫画、何歳まで見て読んでいい?

少女漫画を読んだことがありますか?

―― 少女漫画は「少女」しか読んではいけないものなのか。――

―― 大人は、大人らしく小説を読むものなのか。――

 

はい!どーも。管理人の壺野です。雰囲気出しましたが、くだらないですね。

私は、少女漫画を読みます。そして、買います。小学生の頃から今に至るまで、変わらずです。きっと、おばあちゃんになっても読んでるのではないかと思います。

 

少女漫画は何歳まで読んでいい?

さて、おんなの不思議のひとつに…

我が家にもありますが、少年漫画「ONE PIECE」などの類よりも、少女漫画を読むという行動は少し恥ずかしい時があると聞きます。

その気持ちは、言葉に表現しにくいですが分かります…。

しかし、現実は、

壺野
私、少女漫画好きなんだけど読む?
ママ友
え?読むよ~。○○実写化されるよねー?

 

世の中、そんなもんです!大人になるにつれて、少女漫画を読んでることを自分から切り出さないだけです。

だから、実写化決定!ともなれば、誰しもが「見たくなる」のは当たり前ですし、それだけ普及してるってことです。

そして、少女漫画原作の実写化作品の中でも「胸キュン系」は、映画館に行くのも、レンタルショップでレンタルするのも、周囲の視線が気になるのも事実です。

特に制服姿だったりすると、人にもよりますが、年齢によっては疎遠になりがちですね。

本当は見たいのに、周囲の視線が気になるが故に「胸キュン系」の実写化を後回しにしているようなら、もったいないッ!

大人になった女性でも、胸キュンできる少女漫画の実写化ドラマや映画作品、そしてイケメン俳優さんに出会えたりします。

ほろ苦いコーヒーを飲みながら、甘~い胸きゅんラブコメの世界を楽しむほどに、癒されるかもしれません。

 

 

 

胸キュン映画やラブコメから時代を探る

「花より男子」

2005~2008年 TBS系

1992年から連載された神谷葉子の「花より男子」。今でも読みたくなることがあります。

もちろん、少女漫画の実写化は、花男の前にもありましたが、今の実写化が止まらない時代を作ったキッカケに貢献したことは、間違いないと思えます。

「花男(はなだん)」の愛称で親しまれ、日本ではドラマ化に映画化もされた大人気ヒット作です。

貧乏で田舎育ち、まさに雑草のような女子高生つくし(井上真央)が、御曹司やお嬢様が多数在籍する名門高校に入学することから、ストーリーが始まります。つくしはその正義感と態度の大きさから、学園を牛耳るF4と呼ばれる男子高生4人組のトップ、道明寺(松本潤)に目をつけられてしまいます。最初は対立する2人ですが、道明寺はきちんと自分の間違いを指摘してくれるつくしに心惹かれていきます。しかし、家柄の違いから、2人を引き裂く様々な障害が立ちはだかります。どんな状況でも健気にお互いを思い合う2人と、そんな2人の幸せの為にと骨を折る、周りの人たちの優しさに心打たれます。

 

 

「高校デビュー」

2011年4月 アスミック・エース

中学時代はソフトボール一筋だったスポ根女子高生、晴菜(大野いと)は、高校生になったら絶対に彼氏を作る!と意気込んでいました。しかし、やる気は空回りしてしまい、モテるどころか男の子は離れていくばかり。そんな晴菜はセンス溢れる先輩のヨウ(溝端淳平)に、モテるためのコーチを依頼します。不思議な師弟関係を結んだ二人ですが、晴菜が可愛らしくなるにつれ、ヨウには別の感情が芽生え始めます。晴菜がどんどん女の子らしくなっていく様子は、自分を変えたい!と思っている女の子全員の参考になると思います。二人の関係はどうなっていくのか、最後まで目が離せません。

視聴者さん
ジュノン・スーパーボーイでグランプリを獲得した溝端淳平のツンデレ具合いに常に胸キュン。心がときめいて、いい気分で最後まで見れます。ラブシーンがほっこりした。
視聴者さん
私も高校時代は地味だったので、主人公の気持ちが良く分かります。溝端淳平くんよりも菅田将暉くんの役が好きでした。
視聴者さん
漫画を読んで興味を持ち、映画を観に行きました!溝端さんの登場シーンが王子様に見えました。明るい青春映画でハマりました。とくに、コメディ感が強いのがポップだと思います!

 

 

好きっていいなよ。

2014年7月 松竹

今まで友達も恋人も作らず、ずっと一人で過ごしてきた女子高生、橘めい(川口春奈)は、学校イチのモテ男子、黒沢大和(福士蒼汰)に困っているところを助けてもらいました。その一件をきっかけに、めいは少しづつ大和に心を開いていきます。意地をはって、いつでもクールに振舞っていためいが、恋をしたことによって初めて友達や頼れる人ができ、どんどん表情豊かになっていく姿に、思わず心を奪われてしまいます。いつもまっすぐに向き合ってくれる大和に、めいは素直に気持ちを伝えられるのでしょうか。大切な友達や恋人とぜひ一緒に見ていただきたい作品です。

視聴者さん
何が羨ましいって、あの身長差キスですよね。川口春奈ちゃんがちょっと背伸びして福士蒼太くんにチュッとキスする所が何とも可愛らしかったです。初々しい青春が甘く表現されていて、まさに名場面です。
視聴者さん
福士蒼汰くん演じる黒沢大和が、とにかくカッコ良すぎ!キュンとするセリフがたくさんで、大好きです。 学校一番のイケメンの設定で、まさにその通りであり、見ていて飽きません。
視聴者さん
川口春奈ちゃんの可愛らしさと、いじっぱりな主人公のキャラクターが合っていて、とても感情移入しやすかった。原作も好きでしたが、実写化もすごくよかった!ふと、恋がしたくなりました。

 

 

ヒロイン失格

2015年9月 ワーナーブラザーズ

ずっと大好きだった幼馴染の利太(山崎賢人)と、ひょんなきっかけで好意をもってくれた学校一のモテ男廣祐(坂口健太郎)との間で揺れる、女子高生はとり(桐谷美玲)の高校生活を描いた映画です。王道の少女漫画の実写化と思いきや、タイトルにもあるように、このヒロインはとりはひどい変顔を披露したり、坊主頭になるシーンがあったりと、大方の予想を覆す展開が盛りだくさんです。クールなイメージのある桐谷美玲さんの体当たりの演技に、思わず見入ってしまいます。毎日がジェットコースターのように楽しそうなヒロインを見て、こんな高校生活、一度は送ってみたかった!と思わずにはいられません。

視聴者さん
桐谷美玲のはじけた演技がすごいです。変顔・白目何でもありで、「可愛らしいモデルさん」というイメージが覆されました!笑いもあり、ドキドキする場面ありで、最近見た映画で1番面白かったです。現実にはあり得ないだろうけど、こんな高校生活送ってみたかったです。
視聴者さん
桐谷美玲、山﨑賢人君、坂口健太郎君の三角関係にキュンキュンしました。 青春っていいなと素直に思います。演出としても面白さを追及していて、一味違ったラブコメで、桐谷美玲ちゃんの喜怒哀楽の姿が可愛かったです。
視聴者さん
イマドキの若い子はこういう映画が好きなのかと思いながら観ました。私は利太よりも弘光の方がいいなぁと思いながら観てました。壁ドンも、告白シーンも男らしさが感じられていいです。ラストシーンもロマンチックだから実写化って見ちゃいます。

 

俺物語!!

2015年10月 東宝

見た目も中身も男の中の男、剛田猛男を演じる鈴木亮平さんのあまりのハマリ役ぶりに、映画公開前からとても話題になっていました。また、この作品の魅力は、永野芽衣さん演じる女子高生凛子ちゃんの溢れんばかりの可愛らしさ、透明感だと思います。二人とも、原作漫画のイメージにピッタリでした。今の時代にはあまり見られない、古風な男らしさ、女らしさをもった不器用な二人が、周りに後押しされながら、徐々に心を通わせていきます。高校生ならではの純粋さを全面に押し出した、自分も一緒に応援したくなるような作品です。

視聴者さん
鈴木亮平が、役に合わせて体重を大幅に増やしたということもあって大迫力の演技に大笑いしました。 あまりにもあの剛田猛男のイメージにピッタリで、あの髪型が似合いすぎて、しばらくは鈴木亮平を見る度に剛田猛男だと思ってしまいました。この作品を見ると主人公がカッコ良く見えてしまいます。
視聴者さん
コメディ要素を強めに盛り込みつつ、ヒロインとの純愛もしっかりと描かれていてキュンキュンします。永野芽衣が、可愛らしくて純粋な様子が画面からあふれ出ていて、青春の甘酸っぱい恋を思い出しました。坂口健太郎がクール系のイケメンなのにただひたすらにいい人なのも好印象です。
視聴者さん
原作ファンですが、漫画実写化は原作の世界観が崩れてがっかりすることが多い中、俺物語は主人公2人が原作から出てきて動き出したようで、笑ってキュンとして大満足でした!
視聴者さん
原作未読でしたが十分楽しめた上、その後原作を読んでも映画のキャスティングとの違和感がなくさらに楽しめました。

 

 

黒崎くんの言いなりになんてならない

出典:https://mdpr.jp/

2016年2月 ショウゲート

高校生になり、新生活に心躍らせる由宇(小松菜奈)は、入寮初日に副寮長である黒崎晴斗(中島健人)、通称黒王子に、こんなことを言われてしまいます。「俺に絶対服従しろ。」

この日から、由宇は黒王子の奴隷として、雑用をさせられるようになります。そんな由宇の心の支えとなったのが、寮長である白河タクミ(千葉雄大)、通称白王子です。最初は横暴でドSな黒王子に対抗心むき出しの由宇でしたが、ピンチの時にはとても頼りがいのある男らしい黒王子に、ドキドキしている自分に気が付きます。最後に由宇が選ぶのはどちらの王子なのか。

見終わった後、自分は黒王子派か、白王子派か、友達との話に大いに花が咲く作品です。

視聴者さん
黒王子と白王子に取り合われるヒロインがとにかくうらやましく、自分もこの立場になった気分でドキドキしたり幸せな気持ちになれます。優しい白王子も魅力的で、ドSな黒王子にきゅんきゅんが止まりません。少女漫画の世界に入り込んだような現実離れした本編も面白かったです。また、エンドロールで素の姿の出演者の皆さんの姿を見られるところも見どころの1つかなと感じました。
視聴者さん
ドSのキャラクターって苦手だったのですが、この映画をすすめられて見たら、ちょっとドSも良いな。なんて思っちゃいました。黒崎くんの、普段はドSなのに、ふと寂しそうな眼差しをする瞬間にドキッとさせられます。
視聴者さん
男の人は優しいほうがモテるイメージがありましたが、ツンデレ男子の魅力に気づかせてくれたのがこの作品だと思います。とくかく中島くんがハマリ役で、何度見ても飽きないです!

 

 

オオカミ少女と黒王子

2016年5月 ワーナーブラザーズ

女優として様々な賞を受賞し、幅広い役をこなしているイメージのある二階堂ふみさんですが、女子高生の役を見たのはこれが初めて、という人も多いと思います。そんな二階堂ふみさんは、恋愛経験がないのに彼氏がいると嘘をついてしまうオオカミ少女エリカを演じています。そこでたまたま彼氏として紹介したのが、山崎賢人さん演じるドSな黒王子、恭也だったのです。小さな嘘から始まる二人の関係が、本物の恋愛に発展するのか、お互いに初めての気持ちをたくさん経験する二人の姿に目が離せません。

(映画「LDK」より)

視聴者さん
LDK壁ドンの火付け役「LDK」の山﨑賢人が、乙女心をくすぐります。山崎賢人ファンもそうじゃない人も、主人公になった気分で、学生時代にしか味わえないような甘酸っぱい恋愛を思い出せます。すれ違う2人がもどかしくて、二回目も見たくなりました。 

 

視聴者さん
大好きな漫画だったので、映画化したのが嬉しかったです。山崎賢人と二階堂ふみの掛け合いが息ピッタリでした。きっとプライベートでも仲がいいのだろうなと感じさせる雰囲気がスクリーンにも表れていて、見ていて楽しかったです。

 

視聴者さん
ラストシーンの音楽と映像が大好きです。キスシーンがラストシーンなのは、少女漫画の実写化では王道の流儀ですが、この作品のラストシーンでは、大人になる前の恋に駆け抜けている高校生活を思い出すことができました。

 

POINT胸キュンラブコメのキャストは、若手イケメン俳優が勢ぞろいしたり、ジャニーズ所属タレントが抜擢されることが多い傾向があります。

 

2016年以降から徐々にLDHのタレントが、胸キュンラブコメへ進出する傾向が見えるようになりました。

 

ヒロインの相手役に抜擢されるということは、イケメン俳優への登竜門です。そんな目線からブレイクしそうな俳優やタレントを見つけ出すのも、楽しいかもしれませんね。

 

 

ひるなかの流星

2017年3月 フジテレビジョン

両親の転勤で田舎から東京へと引っ越してきた女子高生、すずめ(永野芽衣)。新しいクラスで隣の席に座っていたのが、女子に免疫がない馬村(白濱亜嵐)でした。いつも明るく、素直なすずめに馬村は心惹かれていきます。一方ですずめは、担任教師である獅子尾(三浦翔平)に恋心を抱きます。面倒見がよく、大人な担任の獅子尾と、シャイだけれどいざという時に頼りになる同級生、馬村の間で揺れ動くすずめの気持ち。究極の二択を迫られるすずめですが、こんなイケメンの同級生と先生に囲まれているすずめが、羨ましくもなってしまいます。すずめが気持ちを伝えるシーンは、何度見てもやみつきになるほどキュンキュンさせられます。

視聴者さん
まさに少女漫画!なこの映画。年上の大人な先生。優しい同級生。2人に言い寄られるなんて、たまりません。もちろん、どちらも捨てがたく最後まで、ドキドキしちゃいます。
視聴者さん
ひるなかの流星は、とにかくイケメンにより目の保養になる映画です。三浦翔平の演技もツンデレな感じがマッチしていてみていてすごく癒されました。白濱亜嵐のセリフで「お前、俺のこと好きになればいいのに。」そこがすごく好きです!
視聴者さん
漫画が好きで、映画も見ましたが、原作ファンも納得のいく映画でした。すずめ役の永野芽郁ちゃんもとても可愛かったです。恋するっていいなと思わせてくれるので、見て楽しめました。

 

 

兄に愛されすぎて困ってます

2017年6月 松竹

「兄こま」と呼ばれる人気コミックを実写化した作品です。年上の兄系イケメン達に好かれ、翻弄されるのがヒロインのせとか(土屋太鳳)です。告白12連敗中のせとかに、ある日突然モテ期が訪れます。その相手は、他校の先輩や、せとかの初恋相手、同級生など様々です。ただ、そんなせとかを黙って見ていられなかったのが、血のつながっていない兄のはるか(片寄涼太)でした。せとかのモテ期はどのような結末に向かっていくのでしょうか。今を時めく数々のイケメン俳優さんを一度にたくさん見られて、非常に目の保養にもなります。

視聴者さん
とっても乙女心をくすぐる映画でした。特にはるか役の片寄涼太さんの演技が全てツボにはまっちゃって。でも、実際あんなお兄さんがいたら毎日緊張して、とてもじゃないけど一緒に暮らせませんッ。
視聴者さん
とにかく、イケメンがワンサカでてくるこの映画!(一部ブサメン紛れ込んでいますが…) 眼福、と割り切って楽しんでいます。土屋太鳳さんの安定演技だから成立するヒロインです。リラックスして見れる映画だと思います。
視聴者さん
全編通して、とにかくイケメン祭りです。のんびり、少女漫画の世界を楽しみたい方にぴったりです。出演している俳優陣が若手で、次世代の映画ドラマ界を引っ張っていくメンツで、観ていて飽きませんでした!

 

動画配信サービスと連動
2016年4月「兄に愛されすぎて困っています」では、6月の映画公開に先駆けて、ドラマが放送されました。一部放送でのみ放送されたため、放送されない地域にお住いの方は、動画配信サービスを利用して視聴することが可能でした。

 

また、動画配信サービスでは「兄こま」に合わせたオリジナルコンテンツを用意し、作品を盛り上げていました。

 

このような映画に連動したコンテンツは、動画配信サービスで楽しまれています。

 

 

花にけだもの

2016年10月 FOD×dTV オリジナル

動画配信サービスが製作したオリジナルコンテンツとして、少女漫画の実写化を配信する傾向が普及すると予想できます。

そして、VODオリジナル作品が地上波放送決定という流れも、最近は多く見られるようになっています。地上波放送で注目度が高ければ、連続ドラマ化や映画化ということもあるかもしれません。

というか…。そんな時代がきっとくると私は思いますが、どうでしょうか。そして、その時代を動かすドラマは何なのか?気になるところです。

⇒杉野遥亮で実写ドラマ化「花にけだもの」放送日程や主題歌・あらすじは?

 

⇒「花にけだもの」ドラマ出演者 VS 原作漫画「けだもの男子」キャスト比較

 

 

少女漫画の実写化は何歳まで見てもいい?

少女漫画の実写化で、恋愛ラブコメ要素が強い作品は、その世代だけが盛り上がっていると思いがちです。

少女漫画は何歳まで読んでいいのか?と同じで、少女漫画の実写化も「見て、きゅんきゅんしてます。」と、わざわざ話さないだけです。

レンタルショップで人目が気になってレンタルしにくい方は、動画配信サービスを利用すれば、ストレスなく楽しめます。

ひとつのエンターテイメント作品として「恋愛ラブコメ」もストレスなく見たいッッ!

そんな小さな願望を叶えるために、動画配信サービスを利用するのも「自分に合った使い方」のひとつだと私は思って、利用しています。

 

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。