チャン・グンソク劣化から韓国ドラマ「美男ですね」俳優4人の現在を比較

チャン・グンソクといえば、グンちゃんブームで日本に韓流大旋風を巻き起こしました。

そのきっかけとなったのは、韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」でした。

心なしか、チャン・グンソクさんが劣化してしまった気がします。…というか、しちゃったんでは、なかろうか。

「美男ですね」のグンちゃんは、カッコよかったのになぁ~と思っているのは私だけではないはず!

と、いうことで2009年に韓国で放送され、2010年に日本で大ブレイクした俳優・女優たち、4人の現在を調べてみました。

 

韓国ドラマ『美男<イケメン>ですね』とは?

(2009年韓国にて放送)

コレ…説明いりますか?

この記事を読んでくださってる方は、みんな知ってそうですけど(笑。

簡単にいえば、”胸キュンラブコメ”で、日本や台湾でもリメイクされた作品ということで省略させて頂きます。

当初の韓国ドラマといえば、中年層から高年層が見るドラマというイメージでしたが、「美男ですね」がブレイクしたことで若年層や今まで興味がなかった若い女性の間にも、韓国ブームが広がるきっかけとなった作品です。

そして、「美男ですね」で「A・N・JELL(エー・エンジェル)」として出演していた4人は、チャングンソク、パク・シネ、イ・ホンギ、チョン・ヨンファです。

当時の4人と現在の4人を比較してみました。

 

『イケメンですね』当時と現在の比較

ファン・テギョン役:チャン・グンソク

放送当時

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

当時、22歳。

好みの問題があるかとは思いますが、ドラマを見ているとハマってしまうツンデレ度で、多くのファンを獲得したわけです。

化粧時間が長いだとか、化粧が厚いだとか言われてましたけど、今見ても、中性的でカッコ良かったなぁ~と思い出します。

2010年以降、日本のバラエティ番組などにも、ひっぱりだこ状態。

自らSMAPファンだと公言していたことが、深く記憶に残っています。

日本デビュー曲「LET ME CRY」も、韓国タレントとしては大売れを超えてバカ売れでした。

実は、韓国ドラマ「花より男子」の道明寺役のオファーがあったのですが、それを蹴って「イケメンですね」のテギョン役を引き受けたと言われています。

この情報が本当ならば、大正解の選択だったと言っても過言ではないでしょう。

そして、現在

出典:http://www.otonarisoku.com/

中性的だったチャン・グンソクさんも30歳。そろそろ兵役休業しないとね。

さすがに中性的でいられる年齢は限られていますね。男性っぽくなってきました。

中性的でいられるのは、若い時だけの特権ですね。

韓国の芸能人の方は、男女問わず、肌のお手入れが行き届いているイメージがあるので、ちょっとお手入れ面にガッカリする時があります。

細かい事をいうと、髪質が細く、量も多い方ではないチャン・グンソクさんの髪の毛が少し心配です。

(おおきなお世話ですね。)何度もいいますが、これでも当時は結構好きだったんですよ!

 

コ・ミニョ/コ・ミナム役:パク・シネ

放送当時

出典:http://donglove.blog39.fc2.com/

当時、19歳。子役時代から役者のお仕事をしているパク・シネ。

女性役でしたが、双子の兄の代わりに「A・N・JELL(エー・エンジェル)」に加入するため、男装するというドラマの流れ上、メイクは極力避けていますね。

若いながらに演技力が高いと言われ、歌もダンスもできるサバサバした女優です。

当時から化粧品のイメージキャラクターとしても抜擢される知名度がありました。(ドラマ放送前に、チャングンソクと化粧品のCMで共演しています。)

自前の長い髪も撮影のためにバッサリ切ってしまうあたりが、女優魂を出していました。

 

そして、現在

出典:http://topicks.jp/

現在、まだ27歳。お仕事が切れる事がない定着した人気を持続しています。

美貌も低迷することを知らず、スタイルも若いころのぽっちゃり感が消え、大人の色っぽさが加わっていますね。

もともとサバサバしていて社交的な性格なので、男女問わず現在でも高い人気を誇ってます。

現在に至っても、主役の座を射止めている人気女優です。

 

カン・シヌ役:ジョン・ヨンファ

放送当時

出典:http://skplan.main.jp/

当時、20歳。ロックバンドCNBLUE(シーエヌブルー)のリーダーでメインボーカル。

「美男ですね」は、初ドラマ作品でした。

当時の演技力は物足りない感があったものの、その後の人気を確立できたのは、この作品に出演したからといって良いでしょう。

ドラマのシヌ人気が予想より高く、出演シーンが増えたそうです。

そして、現在

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/

現在、28歳。

若い頃から、落ち着いた大人の印象が強かったので、あまり歳を重ねている感じがしませんね。それほど変わらないです。

インサイダー問題で世間を騒がせてしまったのが、少し残念。

俳優業をやりつつ、メインはCNBLUEの活動のようです。

「イケメンですね」で結ばれなかった二人が結ばれるストーリーである「オレのこと好きでしょ。」はヨンファとパクシネが、再度タッグを組んでいます。

かなりのツンデレ王子っぷりを見せているようですので、ファンの方は必見ですね。

「イケメンですね」の結末に消化不良のシヌファンは「オレのこと好きでしょ。」で消化すると良いかもしれません(笑。

 

ジェルミ役:イ・ホンギ

放送当時

出典:http://donglove.blog39.fc2.com/

当時、19歳。元々、子役の経験があり「美男ですね」で久しぶりに俳優業復活でした。

子役時代は、天才子役と言われていたようです。

サントラ盤には、ホンギのみで収録された「相変わらず」も入っています。

ロックバンドFTISLAND(エフ・ティー・アイランド)メインボーカルとして新人賞を総なめにした後に、俳優業を再開した形でした。

そして、現在

出典:http://yuca88.exblog.jp/

現在、27歳。芸能歴は長いものの実は若いです。

良く髪型や髪の色を変えるため、常にイメージが違いますね。

童顔タイプの可愛いイメージですが、上手く年を重ねているようで、ビジュアル的な劣化はないですし、アイドルからミュージシャンへと上手く変貌しているという感じです。

事務所の方針で、俳優業もたまに行いますが、ご本人はミュージシャンをメイン活動としていました。男性ボーカルとしては、韓国でもトップレベルの歌唱力の持ち主のひとりと言われています。

また、韓国芸能界だけにとどまらず日本で活動しているうちに交流が広がったようで、日本の芸能人にお友だちが多いです。

もともと社交的な性格なので、好かれる人には好かれるし、嫌われる人には嫌われると典型的なタイプだとか。

どんな交友関係があるかといえば、まずは、高島礼子さん。

意外ですが、韓国ドラマ「ノリ子、ソウルへ行く!」に高島礼子さんが主演した時の相手役がイ・ホンギだったことから、撮影中、高島礼子さんをサポートしたことが縁で、交流が続いているようです。

2014年の韓国ドラマ「百年の花嫁」には、高島さんが友情出演をしています。もともとは違う方の予定だったそうですが、ご本人が日本語が堪能なことから、日本の女優さんの方が自然であると依頼したそうです。

2015年以降、日本では徐々に韓国ドラマの地上波放送が控えられ始めました。そんな時期でも、深夜枠にて地上波放送で新ドラマとして放送したのが「百年の花嫁」です。ゆえに、面白い作品として評価できます。

 

出典:http://www.hipenpal.com/

佐藤健、三浦翔平、城田優、山田親太朗、綾野剛など豪華な顔ぶれが!

出典:http://japanese.kpopstarz.com

アーティストのONE OK ROCK(ワンオクロック)のtakaとの交流関係は有名のようです。

時々、ツイッターなどに交流がアップされています。

日韓問わず、俳優・女優・ミュージシャンなど、様々なジャンルの方との交流が定期的にアップされるので、見ていて面白いですよ!

出典:http://japanese.kpopstarz.com/

「美男ですね」で共演したパク・シネとは、今でも親交があり、インスタなどに画像がアップされることがしばしばです。

女優の藤井美菜さんとは、韓国バラエティ番組「私たち、結婚しました」で共演し新婚夫婦として一定期間交流をしました。その後も、友人として交流が続いています。

日本女性との熱愛報道もしばしば。

過去には、グラビアアイドルさんとの熱愛報道もありました。

今となっては「美男ですね」のブレイクをきっかけに一番人脈を広げた結果となったのは、イ・ホンギなのかもしれません。

 

 

おまけ

ユ・ヘイ役:ユイ

放送当時

出典:http://blog.crooz.jp/

2017年5月にAFTERSCHOOL(アフタースクール)を卒業したのユイ。当時は、21歳でした。

韓国ドラマでは、必ず必要な悪女役としてヒロイン、コ・ミナムをいじめ抜いていた彼女ですが、実際はとても愛嬌のあるタレントさんです。

少しぷっくりとした顎が印象的なお顔立ちでした。

そして、現在

 

現在のユイは、かなり大人の女優へと変貌を遂げました。

スタイル抜群で、モデルとしても雑誌に引っ張りだこ状態だったユイは、女優業もあわせて継続し続けます。

「2016グリメ賞」で、MBC「結婚契約」最優秀女優賞を受賞しました。

この賞は、撮影監督らの投票により選ばれる賞のため、今後の活動に意味がある大きな賞となります。

 

 

比較まとめ

「イケメンですね」は、日本や台湾でリメイクされる大ヒット作となりましたが、原作韓国ドラマ「イケメンですね」を超えることはできないと多くの方が思っているでしょう。

「イケメンですね」からブレイクした俳優や女優は、その後たくさんのドラマに出演しています。動画配信サービスでも、視聴することができる作品が多いので、好きな韓流タレントさんから見たいドラマを探していくのも、成長が感じられて面白いものです。

上記でご紹介した作品は、動画配信サービスで配信されていることが多い作品です。もし加入している時に、配信されていなくても、配信作品は随時更新され続けますので、定期的にチェックしてみて下さいね。

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。