「花のち晴れ~花男 next season~」続編ドラマ出演者 VS 原作漫画キャスト比較

1992年から2004年まで月刊マーガレットで連載された少女漫画「花より男子」は、世界中から愛されている少女漫画の代表格と言えるコミックのひとつ。

その「花より男子」の続編として2015年から少年ジャンプ+(集英社)で連載中の花のち晴れ~花男 Next Season~」が早くも実写ドラマ化となりました。

原作漫画は、読んだことがありますか?

テレビドラマ「花のち晴れ」の原作キャラクターとドラマキャストを、楽しく比較してみました。

※一部、原作のネタバレが含まれますので、ご注意下さいね!

 

「花のち晴れ」原作のあらすじ

F4の卒業から2年後の英徳学園を舞台に、英徳学園に相応しくない庶民を退学に追い込む“庶民狩り”を実行するのは、コレクト5。

そのリーダー神楽木 晴(かぐらぎ ハルト)と、社長令嬢だった今は隠れ庶民の江戸川音(えどがわ おと)を中心にストーリーが始まります。

神楽木は、かつて道明寺にかけられた言葉を守るべく、F4が卒業してから衰退しはじめた英徳学園の栄光を守るため、庶民狩りを行っていますが、ライバルの桃乃園学園にブランド力で差をつけられ、生徒数は減少傾向になっていました。

そんな中、音に惹かれはじめる神楽木を含め、コレクト5が少しずつ変化し始めた矢先、桃乃園学園の生徒会長である馳 天馬(はせ てんま)が音の婚約者であることを神楽木は知ることになります。

「神楽木×音」の恋と、コレクト5の濃いキャラクター性と成長ぶりは、連載が続くにつれ徐々に興味深くなります。

そして「英徳vs桃乃園」そして「神楽木vs馳」の結末は、ドラマ化のメインストーリーとして展開するのかな?と予想しています。

 

 

主演キャスト比較

江戸川音(えどがわ おと)役

(「花のち晴れ」より)

17歳 身長163cm

好きな言葉:平穏

会社が倒産したことで、庶民となった英徳学園に通う主人公

「花より男子」の庶民代表・牧野つくしのように、バイトで家計を助けている一人っ子。

バイト先のコンビニでコレクト5リーダー・神楽木の秘密を知り、少しずつ神楽木やコレクト5と距離が近くなります。

徐々に神楽木に惹かれるのではないか?と王道ストーリーですが、音には、親同士が決めた「いいなずけ」がいました。

音の母と天馬の母は大学時代の親友で、若くして亡くなった天馬の母が「いつか自分たちの子供を通して家族になりましょう。」と生前に話した言葉が、遺言になっていました。

責任感が強い音は、面倒見も良く、庶民料理も上手です。

どこか抜けていて目が離せないお人好しな部分もあるので、女性から見ても好感度が高く応援したくなりますよ。

  • 杉咲 花(すぎさき はな)

出典:https://www.rbbtoday.com/

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹役を演じた女優さんです。

最近では、映画「メアリと魔女の花」で主人公メアリの声を担当しているので、若手女優の中でも知名度が高いです。

人生で初めて前髪を切り、長かった後ろ髪も約30センチカットで挑む「江戸川音」に大注目しています。

高い演技力を評価されることも多い無垢なイメージを持ったの若手女優なので、感情移入しやすいかもしれませんね。

 

 

神楽木晴(かぐらぎ ハルト)役

(「花のち晴れ」より)

コレクト5のリーダー(原作での「コレクト5」は、実写化ではC5(シーファイブ)と略されています。)

通販で、パワーストーンを集めていることは英徳の生徒には知られたくない秘密です。部屋には、道明寺の大きな写真が額縁に飾ってありますよ。

身長176cm、道明寺が目標のため背が低いことを気にしています。F4のグッズ集めも趣味の一つという憎めないリーダーです。

好きな言葉:努力

御曹司ですが、道明寺のような生まれ持ったカリスマ性があるわけでないので、努力をしてカリスマ性を磨いていきます。音と出会うことで、神楽木がどんどんカッコ良くなっていくので、目が離せなくなるかもしれません。

 

  • 平野 紫耀(ひらの しょう

ジャニーズ king&prince の平野紫耀が、抜擢されました。

松本潤が演じた道明寺司を敬愛している神楽木晴役なので、ジャニーズ事務所からの配役が自然に感じられます。

「先輩の松本潤君の名に恥じぬよう精一杯、演じたいと思います。」とコメントしている平野紫耀ですが、プレッシャーが相当あるだろうな。

視聴率の他に話題性などから「花のち晴れ」は「花より男子・リターンズ」のように、今後も続くことが十分考えられます。

神楽木が徐々にカッコよく成長しないと原作が壊れますので、ドラマと共に成長していったら楽しくなりそうですね。

 

コレクト5(C5)キャスト比較

真矢愛莉(まや あいり)役

(「花のち晴れ」より)

コレクト5の唯一の女の子。

好きな言葉:わがまま

身長152cmとお人形のような可愛らしさがあふれていますが、さすがお嬢様というワガママぶりも炸裂します。

晴(ハルト)のことを昔から大好き。神楽木以外のコレクト5は言わずとも知っていますが、なぜか神楽木だけは気付いていません。

パンケーキのお店へ行くことが好きですが、幼少時代に太っていたため、スタイル維持の調整は怠りません。

神楽木が音に好意を持っていることで、音に敵対心をむき出しにし始めますが…。

  • 今田 美桜(いまだ みお)

出典:https://twitter.com/

「福岡で一番かわいい女の子」というキャッチフレーズを持っている今田美桜。原作に近いイメージを持っていますね。

身長は、原作よりちょっと高いですが、原作の愛莉は童顔でスタイルが良く、目もくりっとしてイメージに似てます。

ドラマの見栄えによっては少女漫画の実写化を中心に、今後もキャスティングされていく予感がするネクストブレイク女優だと思います。

原作は話が進むにつれ、愛莉の良さが出てくるので、美桜ちゃんも同時に良さが出て、大人気になるとイイですね。

 

平海斗(たいら かいと)

(「花のち晴れ」より)

身長184cm。晴(ハルト)の幼馴染で、コレクト5の男性陣の中では一番ハルトと一緒にいることが多いかも?

見た目どおりに頭脳明晰、かなりの神経質。いつもあるモノが、別の場所にあると許せないタイプです。

好きな言葉:秩序

学園の秩序を守る守護者として、晴を支えています。淡白な話し方から冷たい人間に見られがちですが、こうゆうタイプが実は一番優しい「縁の下の力持ち」だったりします。

  • 濱田 龍臣(はまだ たつおみ)

名前だけだとピンッ!とこない方もいますが、怪物くんでヒロシ役だった名子役ちゃんですね。

天使のような龍臣くんですが、青年になっていました(笑。

人気子役は、大人になってから役者として開花するのが難しいというジンクスが邪魔しますが、「花より男子」のつくし役・井上真央は、子役から人気女優になった成功者です。あやかれることを祈ります。

原作の海斗をどこまで演技力で表現できるかが、子役出身の見せどころになりそうです。

 

成宮一茶(なるみや いっさ)役

「茶の西門」「華の成宮」と言われるほどの華道界では有名な名家の御曹司

日本の伝統文化は乱れているのか?…一茶は西門を目指しています。

好きな言葉:女の子

万人受けするルックスの持ち主で、身長も182cm。身のこなしも、しなやかで気品があり、なぜか西門を思い出さずにいられません。

  • 鈴木 仁(すずき ひとし)

出典:https://twitter.com/

こちらも、「MEN’S NON-NO」専属モデル。2016年に準グランプリを獲得したばかり。

2016年公開映画「心に吹く風」「兄に愛されすぎて困ってます」に出演しているが、これからどうなるのか未知数のタレントですね。

かつての西門役は、黒髪で松田翔太が演じ、どこか日本的な雰囲気がありましたが、一茶はマットな華道家としての優美な気品を見せてくれる女たらしです。

イメージに合っているような第一印象がありますが、どう演じるのかは全く予想ができません。

 

栄美杉丸(えいび すぎまる)役

筋肉が大好きな「NO筋肉・NOライフ」な今までにはなかったタイプの御曹司です。

好きな言葉は「筋肉」

類まれなる運動神経の持ち主で武道家としても達人級です。

日課はトレーニングなので、今の美筋肉時代を象徴した御曹司なのかもしれませんね。

  • 中田 圭祐(なかた けいすけ)

出典:https://twitter.com/

「MEN’S NON-NO」専属モデル。俳優デビューは2016年の最近だが、2017年には「君の100回目の恋」「君の膵臓をたべたい」に出演しているので、今後はネクストイケメン俳優として注目を集める可能性が高いです。

モデルさんなので、細マッチョ系になると予想できますが、原作の杉丸も女子が好きなラインの筋肉で描かれているので、問題ナシかな(笑。

杉丸の原作髪型をどうアレンジするのかな?

そのまま再現してほしいけど、不自然になりそうなので我慢します。

 

 

恋のライバルキャスト比較

馳天馬(はせ てんま)役

(「花のち晴れ」より)

桃乃園学園の生徒会長であり、音の婚約者(いいなずけ)。見かけによらず武道家で、実力はC5の杉丸以上。

身長183cmで落ち着いていて、優しい…。カリスマ性も高く、信頼も厚いので、欠点ナシの人格です。

唯一、感情を表に出さないように育てられたためか、何を考えているか読み取りにくいことがあります。

親が決めた「いいなずけ」ではありますが、音のことを本当に好きで大切に想っています。

  • 中川 大志(なかがわ たいし)

出典:http://ryohappy.com/

中川大志が好演します。馳役としての雰囲気を持っていますし、むしろピッタリな配役だなと思いましたが、コレクト5に入ってくると予想していた人も多かったので、拍子抜けです。

馳も神楽木のライバルとして絶対必要なんですが、コレクト5の海斗や一茶も中川大志なら合いそうかな。

というか、もともとが上流階級の雰囲気があるので、イケメン御曹司役はどの役柄でもこなせそうですね。

馳は重要な役ではあるものの、一歩間違うと、存在感を神楽木だけに持っていかれてしまう正統派御曹司。

神楽木派と馳派に視聴者が二分する方が、ドラマも面白くなるという意図も隠れていると予想しつつ、胸きゅん演技を期待したいです。

 

西留めぐみ(にしどめ めぐみ)役

(「花のち晴れ」より)

超人気モデルの“メグリン”は、サバサバしていて、性格がイイです。

苦手なのは料理。作る努力はするのですが、社長令嬢なだけあり「奇妙な珍品」を披露してくれます。

神楽木が音を好きなことも分かっていますが、それでも自分に嘘を付かず、神楽木のそばにいることを選んで行動する女の子です。

英徳学園に転入してくることになり、コレクト5と行動を共にすることも多くなりますが、晴はメグリンを女性としてなかなか意識してくれません。

  • 飯豊 まりえ(いいとよ まりえ)

出典元:https://www.instagram.com/

雑誌「Seventeen」の専属モデルであり、ドラマや映画以外にも、にじいろジーンの司会など活動の場が広がっている飯豊まりえが抜擢されました。

メグリンは恋のライバルという位置ですが、素直ないい子なので、飯豊まりえが持っている透明感を上手く表現しながら、メグリンを憎まれない恋のライバルとして演じていけるか、期待したくなります。

 

比較のまとめ

ここまで比較してみると、原作に合わせてキャスティングしている部分が見えてきたような…。

そもそも「花より男子」は、井上真央と松本潤率いるF4のイメージが強すぎます。

それに付け加えて、F4にはカリスマ性が出来上がっています。

原作コミックも、実写化も、ほぼ同じ傾向にあると感じ取れるわけですね。

はじめて「花のち晴れ~花男 next season~」の原作漫画を読んだときは、つくしと道明寺、F4などが恋しくなってしまう寂しさが読者側にも少なからずあったはず。きっと実写化も同じ想いをする方がいるでしょう。

コレクト5は、見慣れていないという理由もありますが、ストーリーと同様に、はじめは何か足りない感じがするんです。

そう考察すると、今回のキャスティングは、その感情と似ているような気がしてきます。

ヒロインの杉咲花には、安定した演技力と知名度がありますが、神楽木を含むC5は、まだまだ知名度が高いとは言い難いタレントさんで揃えています。

しかし、その中でもブレイクする要因があるタレントを抜擢しているのが垣間見れます。

特に、神楽木役のking&prince の平野紫耀に至っては、ジャニーズ事務所繋がりで、道明寺への憧れを実写化でも表現しやすいので、ジャニーズが好きとか嫌い以前に「原作に合わせたイメージを壊さない配役」と考えて視聴すると想像しやすいかも?と思えます。

演技力の面では、杉咲花と子役出身の濱田龍臣で調和を取りつつも、中川大志や飯豊まりえの経験値で、脇からしっかり固めてくれそうなので、トータルバランスが良さそうにも、見えてきました。

ともなれば、これからブレイクしそうな若手が入っているのも、逆に楽しみになってきますね。

TBS火曜22時枠のキャスティングは上手いと感じることが多いので、私的には好感が持てると言いたいです。

そして、ドラマ放送中も原作は連載中ですので、ドラマならではのラストに期待したいですね。

  • king&prince の平野紫耀の知名度がどれだけ高くなるのか?
  • 平野紫耀と杉咲花の「掛け合い(言い合い?)」がどれだけ面白く再現できるか?
  • コレクト5メンバーがどれだけブレイクするのか?

で「花のち晴れ」の続編への期待も高まることになるでしょう。

あなたは、ドラマキャストと原作漫画を比較すると、何が気になりましたか?

 

 

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。