朝ドラ「あさが来た」実在モデルとキャストが女性に大ウケしたワケは?

東京ドラマアウォード2016・連続ドラマグランプリ作品「あさが来た」は、明治を代表する女性実業家・広岡浅子をモデルとし、幕末の激動の時代に、炭鉱開発、銀行設立、日本ではじめての女子大学設立、生命保険業への進出といった新事業に次々と挑んでいく女性・白岡あさ(波瑠)を主人公とした朝ドラです。

主人公を演じた波瑠の大出世作となった「あさが来た」は、素直に可愛らしく感じますし、どこか微笑ましく感じる作風となっています。

そして、作品全般を通して、凛とした芯の強さが感じられる女性であったことが共感を呼び、支持される結果となったのかもしれません。

偉大な方でありながらも、女性が共感出来る面もたくさん描写されていることで、より身近に感じられ、主人公に元気をもらってから気持ちよく仕事へ向かうことができたと言われています。

それではドラマと一緒に、読んで頂ければと思います。<(_ _)>

女性が共感「理想の女性像」

出典:http://d.hatena.ne.jp/ryu-omata/20160309

視聴者さん
あさの、何があっても、何度転んでも起き上がり、前を向いて進んで行く姿は、人生諦めずにコツコツと今すぐに形にはならずとも進んで行けば、夢は着実に叶えていくことが出来るんだと思わせてもらったドラマでした。
視聴者さん
女性が今以上に社会に出るのが難しい中、実業家としての活躍がすごいです!あさの強さが感じられるドラマです。
視聴者さん
女性が働くということがまだまだ常識的ではなかった時代に、たくさんの人に支えられながら前を向いて進んでいくドラマです。同じ女性としてワクワクする内容でした。
視聴者さん
女性だからといって商いに口出しできないのはおかしいと奮闘し続けた主人公のあさ、現代の女性が男性と同じように働くことができるのはこのような人達の頑張りがあったからではないでしょうか。同じ女性として感銘を受けます。
視聴者さん
あさが新しいことに挑戦し成功させていく姿は、現代の女性と似ているところがあるので、女性の方は特に楽しめると思います。
視聴者さん
いつも困難な事が沢山あっても、立ち向かう強さや旦那様や人を想う優しさや弱さなど、応援したくなる主人公の魅力に観る回を重ねる毎にハマっていきます。観た後はいつも自分も一緒に困難を乗り越えたかのように、テンションが上がっています。
視聴者さん
おてんばで、明るくて、さっぱりしているのが魅力的でした。パワフルなヒロインにいつも元気をもらっていました。

 

女性に評判「おとこたち」

実業家の一生を描いた作品ですが、その手腕の豪快さと、恋愛に対する一途さのギャップがキュン♪とくる朝ドラです。

バリバリ働くキャリア女性の中には、素敵な男性とたくさん仕事をしながらも、結局は仕事のことを忘れさせてくれる抱擁力のある男性に惹かれる人も多いのではないでしょうか。

その理想を「あさが来た」では、玉木宏やディーン・フジオカが好演しました。通勤前の女性の心をやさしく潤すギャップも忘れられませんね。

玉木宏(夫・白岡新次郎)

出典:http://ironna.jp/article/

一見商売はそっちのけで、遊んでばかりの夫・新次郎ですが、あさが女性実業家として徐々に成功していく裏に「理解ある夫」として、女性たちから注目されていきます。

視聴者さん
こんな素敵な旦那さんが人生の伴侶としていてくれたらと、うっとりさせられる朝ドラでした。
視聴者さん
商売はあさに任せきりで、自分は三味線など風雅に興じてばかりですが、周りの人への優しさが滲み出ていて素敵な旦那さんでした。
視聴者さん
いつもちゃらんぽらんな感じで、小さいバッグをグルグル回しながら優しい口調であさに話しかける姿が大好き!毎回楽しみでした。
視聴者さん
玉木さん演じるあさの旦那さんが常に優しく見守ってくれている感じが良かったです。最後の回想シーンもとても良かったです。
視聴者さん
自由奔放で陽気な旦那様と思いきや、影で奥様を支え、優しい言葉やアドバイスを与え続ける姿に毎回みて惚れ惚れしていました。

 

ディーン・フジオカ(五代 友厚)

出典:http://d-fujioka.blog.so-net.ne.jp/

キャストで一番ブレイクしたタレントは、女性から熱い視線を浴びたディーン・フジオカでした。

その人気は「伍代ロス」という言葉を生み出します。当初は2015年末の放送日で亡くなる予定でしたが、あまりの人気から大森美香に脚本を書き変えてもらい、2016年1月放送日まで寿命を延ばしてもらったとか。

視聴者さん
初めて最初から最後まで見た朝ドラでした。特にディーン・フジオカさんが演じる五代友厚が情熱的で素敵でした。

視聴者さん
ディーン・フジオカさんが格好良すぎて、私も五代ロスになってしまいました。
視聴者さん
関西に住んでいますが五代様のことは知りませんでした。大阪には五代様の像があることをこのドラマではじめて知りました。
視聴者さん
女性の多くはやはりディーン様目当てだったのではないでしょうか。私もその一人ですが(笑。
視聴者さん
ディーン様こと、五代様の印象がとにかく強かったです。五代様が死んでしまった後は見る気が半減しました(汗。五代様を見るだけでも価値ありです。

 

 

視聴者が教える!隠れた見どころ

出典:https://twitter.com/

視聴者さん
今人気の吉岡里帆さんも丸眼鏡で登場!どこに出てくるかは見てからのお楽しみです!
視聴者さん
白岡よの(風吹ジュン)といつも一緒にいる女中・かの が話すと、いつも「ほんに。ほんに。」と受け答えします。場面、場面でその言葉の速さや重みが違うので、見ていていろんなバージョンの「ほんに。ほんに。」が聞けて楽しかったです。
視聴者さん
友近さんが出ているのも関西っぽくて、良かったです。
視聴者さん
2004年の大河ドラマ「新撰組!」の土方歳三(山本耕史)の友情出演も見てほしいです。
視聴者さん
主題歌「365日の紙飛行機」が好きです。AKB48が歌う優しい歌で、距離を競うより、何処をどう飛んだのかが大切だという歌詞が好きでした。
視聴者さん
一番好きなのはあさの振り付けつきの「びっくりぽんや!」でした。(笑

 

 

「あさが来た」女性にウケたワケ

近年叫ばれている女性の社会進出は目覚ましく、現在では「ビジネスウーマン」も珍しくありません。

しかし、世界的にみれば、まだまだ日本には問題が多いとされています。

日本社会では女性は子供を産み、育て、家事をするという一般的な価値観はなかなか消えることがありません。

2012年から発足した、第2次安倍内閣の政策の目玉である「アベノミクス」の中には、女性の社会進出も含まれていますが、海外水準でみれば、日本は遅れている先進国なのです。

「女性が輝く日本」へ向けて、その歴史と立ちはだかる現状に目を向けなければいけない私たちですが、日本女性が持っている「家庭を守る」「家族を支える」という母性本能も、上手く理想化できたことで「頑張ろう!」と高い支持を得る結果となったのかもしれません。

 

⇒【厳選】東京ドラマアウォード・歴代グランプリ受賞作品は本当に面白い?に戻る。

 

Go to HOME!!

当サイトでは映画やドラマを見る瞬間、魔法にかかる時間を愉しんでいただけるように『自分だけ。』のVODを探すことを推奨しております。